Japanese 日本語

ヴァウチーニョ・アナスタチオ
ブラジリアン パーカッショニスト & ヴォーカリスト

 

68093_437468171495_7536536_na

    • 1979 エリス・レジーナの伝説的ミュージカル1404442_10152050231846496_8777569878527226516_o「Saudades do Brasil」に出演
    •  1981 日本に滞在。日野皓正、渡辺貞夫、渡辺香津美、  土岐英史らと演奏
    • 1982 日本・ラテンアメリカ友好イベントにて常陸宮妃殿下御前演奏の栄を賜る
    • 1983 東京ディズニーランドグランドオープンイヤーで
      日野皓正、渡辺香津美らとシンデレラ城のイベント”ALL THAT JAZZ”にて演奏
    • 1984 ニューヨークへ拠点を移し、音楽とエンターテイメント界でキャリアを広げる
    • 1992-93 マッコイ・タイナーのアルバム「ジャーニー」「インフィニティ」に参加、グラミー賞を2度受賞
    • 1994 坂本龍一ワールドツアー「”スウィート・リヴェンジ”ツアー1994」のライブ、CD,DVDに参加
    • 2009 ファーストソロアルバム「フォレストアース」リリース。日本製のソロバンを用いた曲も収録
    • 2010 中国・上海万博の閉幕記念セレモニーにて招聘演奏
    • 2014 韓国ブラジル大使館より「ブラジルと韓国の友好文化交流に貢献した芸術家」として表彰を受ける
    • 2016 現在セカンドアルバムを制作1001126_735083903176565_749769294_n
      坂本龍一 スウィート・リヴェンジ・ツアー1994
      (ヴァウチーニョ ソロパート) @武道館

【主な共演者】 エリス・レジーナ / ウィルソン・シモナル / エルザ・ソアレス / ジャバン /
ミルトン・ナシメント / エギベルト・ジスモンチ / ジャコ・パストリアス / アストラッド・ジルベルト /
ベベウ・ジルベルト / トニーニョ・オルタ / タニア・マリア / マッコイ・タイナー / ケニー・バロン /
ケニー・カークランド / マイケル・ブレッカー / 日野皓正 / 秋吉敏子 / 渡辺貞夫 / 坂本龍一 /
Monday満ちる / 矢野顕子 / 小野リサ / 菊池雅章 / アレックス&エディー・ヴァンヘイレン/ 他多数。

 

11990645_10153325452298138_4356986373258191877_n

ブラジル・サンパウロ生まれ。
典型的なブラジルの少年らしく、サッカーをして、自然と音楽を身につけ、
鳥の声や雨の音など自然が生み出す音の響きの探検を楽しみながら成長したヴァウチーニョ。
彼にとって音楽とサッカーはリズムで繋がっていた。
10歳になる頃には、裏庭から聞こえて来るドラムの音に影響を受け、そのリズムを母親のキッチンにある鍋やフライパンで練習するようになる。
その後ブラジルの基本的な打楽器、パンデイロ、タンボリン、カシシ、ビリンバウ、アゴゴ、カイシャ、スルド などサンバのリズムの基本をマスターし、
歌声の中に倍音の響きを現し、類まれなる才能を発揮。
F分の1のゆらぎを持つといわれるその歌声は、巧みな演奏技術とあいまって華々しい表現の幅を広げている。

80年代には日本に住み昭和の時代を経験。相撲と寿司と畳を愛し、ソロバンもパーカッションの
ファミリーとしてお気に入り。日本唱歌「赤とんぼ」もビリンバウで歌うレパートリーに含まれています。
彼のパフォーマンスから感じられる暖かく深い人柄は世界中の老若男女から親しまれ、行く先々では
どこからともなく子供たちが集まり、気がつけばヴァウチーニョを中心に「リズムと笑顔」の輪が。
世界中を旅して集めた珍しいパーカッションとユニークな音に、子供たちが夢中で引き込まれるのです。
ヴァウチーニョ・アナスタシオは、ブラジル、ニューヨーク、日本のみならず、アジア各地、
東南アジア、中国、ロシア、インド、スリランカ、タイ、マレーシア、カンボジア等々で活動し、
コンサートツアー、ワークショップ、ジャズフェスティバル、音楽教育、大学教授、子供たち
へのチャリティー活動などにも積極的に参加しています。
ヴァウチーニョは世界中のライブコンサート、レコーディング、フェスティバルへの出演、レクチャー、
テレビやラジオ番組出演、アートパフォーマンスとの共演などいかなる演奏スタイルにも対応自在です。

日本語でのお問い合わせ
teamvaltinho@gmail.com

Valtinho ポルトガル語、英語
valtinhosan@gmail.com